ラパマイシン

遺伝子技術と創薬の革命:老化治療の実現が間近に

老化の原因は非常に複雑ではっきりわかっていません。しかし、長寿に関する臨床試験が増加するにつれ、多くのことが分かってきました。 過去10年間におこった遺伝子解読・編集技術の進歩によって、製薬大企業やベンチャー企業、さらには国の医療行政機関であるFDAでさえも、老化を病気として認識し始めました。つまり […]

3剤併用療法でハエの寿命を48%延長!ロンドン大学の報告 2019/09/30

UCL(ロンドン大学)とMax Planck Institute for Biology of Agingが行った最新の研究によると、3つの薬剤を組み合わせることでハエの寿命が48%延長した。これらの薬はすでに治療薬として用いられているものであり、それぞれ異なる細胞シグナル伝達経路に作用するが、最終 […]